• ホーム
  • 最新情報、ホルモン療法によるペニス増大

最新情報、ホルモン療法によるペニス増大

2020年05月31日
満足をする男性

最近の情報では、男性にも更年期障害があるということが発表されています。
これは、男性ホルモンが加齢とともに下がることで、LOH症候群と言われるホルモン低下症が起きるからです。
このLOH症候群の自覚症状は疲労感・抑うつ状態・筋肉の減少・性欲低下・勃起障害(ED)などがあります。

このような男性ホルモン低下の治療で、ホルモン療法というものがあります。
このホルモン療法で代表的なものは、男性ホルモンであるテストステロンを補う治療法です。
男性ホルモンであるテストステロンは10代から20代にピークを迎えますが、30代以降は低下します。
このことが、男性更年期障害の引き金になります。

減ったテストステロンを補うのがホルモン療法です。
ホルモン療法により、筋肉の増強や疲労感の低減、やる気の充実などの効果を得ることができますが、それ以外にも効果があります。
それは、性欲の増進です。
男性ホルモンであるテストステロンを若いときの状態に近づけるホルモン療法を行うことで、当然のことながら性欲も増進します。
最新情報では、その結果の副産物として勃起障害(ED)にも効果を発揮することが言われています。

さらに、性欲が増進するとともにペニス増大にも効果を発揮します。
男性ホルモンであるテストステロンは10代から20代がピークですが、そのころに男性のペニス自身が成長するペニス増大時期でもあります。
ですから、ペニスが成長するためには男性ホルモン(エストロゲン)が不可欠です。
ホルモン療法により、男性更年期障害を治療することが可能ですが、と同時にペニスも若い時と同じように成長します。
本来は男性更年期障害の治療としてのホルモン療法ですが、最新の情報では性欲の増進やペニス増大を狙った治療としても有名です。

関連記事
ペニス増大サプリの値段は高いほどよい?

ペニス増大によいサプリの値段は、ある程度高いほうが信頼できます。ただ、ペニス増大サプリと精力剤はほとんど同じものなので、ペニス増大サプリにこだわる必要はありません。精力剤も飲み続けることで精力を増強して、勃起時のペニスを元気にすることができます。平均的な精力剤の値段は5,000円~1万5,000円く

2020年08月09日
ペニス増大方法と病気の併発の予防の重要性

併発とは二つの病気が同時に起きることで、風邪によって肺炎になった場合などに用いられることが多く、糖尿病のときに使われている合併症とは意味合いが少し違っていて、全く違う病気に同時にかかった場合に併発という言葉を用います。高齢者の場合は免疫力が低下しているので、風邪などをひくことで、さらに免疫力が低下し

2020年07月05日
ランキングで見るEDサプリとペニス増大サプリ

世の中にはさまざまなサプリがあり、それぞれの目的を持った栄養が多く含まれています。このため栄養を補助するためにサプリを摂取している人は多くいます。そのサプリの中にはEDやペニス増大を目的としたものもあります。いずれも精力を高めるための成分が多く含まれており、また錠剤や液体なので気軽に摂取することがで

2020年04月30日
ペニス増大手術を望む場合の費用

ペニス増大が成功する可能性というのは、選択する方法により大きく変化します。最も可能性が高いのは、やはり外科手術です。ペニス増大のための手術を受けると、確実に恩恵が受けられます。当然、個人差があるため、理想通りのサイズまで大きくさせられなかったり、注射した有効成分が、人体に吸収されてしまうといった事も

2020年04月11日
ペニス増大サプリの種類と効果

ペニス増大を考えた際、確実に変化を感じられるのは、外科手術ですが、ペニス増大を実現させる際の選択肢は、外科手術のみではありません。外科手術に次いで、認知度が高いとされているのが、ペニス増大器具です。しかし、ペニス増大器具は、痛いと感じる方が多いのが実情です。牽引式と吸引式の二種類がありますが、どちら

2020年03月24日